お風呂場や洗面所で気をつける事

MENU
スポンサード リンク

浴室で気を付けることは?

 

 

             

 

 

             


 

水道水の塩素対策を

アトピー性皮膚炎や乾燥肌などの皮膚が弱い方は、無添加や保存料の入っていない肌に優しい石鹸やシャンプーを使っていると思います。
でも、ちょっとまってください。水道水には気を付けていらっしゃいますか?

 

 

水道水に入っている塩素は肌にダメージを与えます。各家庭に安全に水を届けるためには必要不可欠な塩素ですが、皮膚バリアが傷んでいる皮膚にはよくありません。
塩素対策をしないと、せっかくちょっとお高めの石鹸やシャンプーを使用しているのに効果が半減です。

 

洗浄剤やスキンケア剤は自分で選べますが、水道水は選べません。あなたの肌にいつも触れている水道水を考えましょう。

 

スポンサード リンク

アトピー改善 お風呂場・洗面所記事一覧

シャワーだけでもいいので、入浴は毎日しましょう。アトピー皮膚は乾燥しても、汗をかいても悪化する恐れがあります。特に汗をよくかく夏場は、日に何度かシャワーを浴びるようにして皮膚を清潔にしておけば湿疹を悪化させるばい菌も減ります。また、ダニがアレルギーを起こしているとしても洗い流せば平気です。

頭の洗い方は特に気を付けることはありません。しかし、シャンプーなどの頭髪を洗う洗浄剤は気を付けてください。

「アトピー改善に入浴が良い」とよく聞きますね。なぜ良いのでしょう?アトピー湿疹に潤いを与える「保湿効果」も理由の1つです。ですがそれ以上に入浴によって得られる体への好影響は「自律神経に対する影響」と「内分泌機能に対する影響」の2つです。アトピー改善の根本治療にあたります。

洗顔石鹸にも汚れをだけを落とし、皮膚に必要な脂質や保湿成分を溶けだしにくい界面活性剤などが使われています。洗浄剤で肌の状態が改善できるならそれがいちばん簡単な湿疹予防になります。自分の肌に合う洗顔石鹸を見つけましょう。