MENU
スポンサード リンク

ステロイド外用薬とは?

 

アトピー性皮膚炎の治療薬で一番有名な薬です。

 

アトピー性皮膚炎の皮膚はまさしく名前の通り
皮膚炎症が起きている状態です。
例えるならば「燃えやすい紙」のような性質の皮膚で
それが様々な刺激によって燃えだすと、
消火のために「」や「消火剤」が必要になります。
それが「ステロイド剤」の役目になります。

 

 

ただし、ステロイド剤はアトピー性皮膚炎の
根本治療ではありません!

 

あくまで皮膚の炎症を抑えるための薬です。
(ステロイド剤によって皮膚の炎症が収まる)=(アトピー性皮膚炎の改善)ではありません。

 

 

必ず専門医の指示で使用しましょう

 

 


 

ステロイド外用薬の種類と強さ

 

 

効き目の強さによってランク付けされ炎症の度合いや
使用する部位により使いわけられます。

 

ランク   Ⅰ群(最強)

 

薬剤名  デルモベート ジフラール ダイアコート

 

 

      

Ⅱ群(かなり強い)

 

       フルメタ リンデロンDP ネリゾナ ビスダーム マイザー

 

       アンテベート トプシム テクスメテン

 

 

       

Ⅲ群(強い)

 

       メサデルム エクラー ボアラ ザルックス ベトネベート

 

       アドコルチン リンデロン アドコルチン プロパデルム フルコート

 

 

       

Ⅳ群(やや弱い)

 

       リドメックス レダコート ケナコルトA アルメタ ロコルテン

 

       キンダベート ロコイド デカターム

 

 

       

Ⅴ群(弱い)

 

       プレドニロゾン

 

 

ステロイド外用薬の剤形

ステロイド外用薬には軟膏のほかに、クリームテープローションなど様々な種類があります。

 

季節や部位によって使い分けるといいでしょう。

 

たとえば、冬は皮膚が乾燥しやすいので軟膏を使い
夏は汗ばむのでクリームにするなどです。

 

ローションは主に毛髪のある部分に使われますが
皮膚にも使用できます。
軟膏のベタベタ感が気になる人はクリームやローションに
してみるのも良いでしょう

 

ただ、同じランクのお薬でも剤型によっては強い弱いがでてきます。

 

専門医と相談して自分の皮膚状況に適した薬を使用してください。

スポンサード リンク

アトピー改善 ステロイド外用薬記事一覧

アトピー性皮膚炎に使用されるステロイド剤。漠然と不安を抱きながら使用するのではなく、どういったものか理解できればうまく付き合って行けます。多くのアトピー性皮膚炎の方が思っているステロイド剤に対してにQ&Aをまとめました。

皮膚萎縮(ひふいしゅく)特に、ひじやひざの内側の皮膚が薄くなる。毛細血管拡張(もうさいけっかんかくちょう)毛細血管が広がり、網目のようにみえる。ステロイド紫斑(しはん)内出血しやすくなるステロイドざ瘡(そう)ニキビみたいなもの

剤形の選び方軟膏 クリーム ローション テープ冬は乾燥するので軟膏がいいでしょう。夏はクリームにするなど季節によって剤形を変える事によって効き目が違ってきます。部位によってはテープがいい場合もあります。同じ強さのステロイド外用薬でも成分によっては自分の皮膚に合う、合わないことがあります。その為、薬を替えるだけで効き目が違う事もあります。塗り方重曹法亜鉛華軟膏などをリント布などの柔らかい布に伸ばしス...